ワゴンR MH23Sの車両情報!!

スズキ ワゴンR MH23Sの情報です

 

ワゴンR MH23Sはこのような車です。

 

スズキ最量販軽自動車のワゴンRです。

スズキ自動車は、日本での軽自動車の販売台数1位を争う大手メーカーで、本社は静岡県です。

ワゴンRのMH23S型は、ワゴンRの4代目です (2008年 – 2012年)

2008年9月にフルモデルチェンジ。
スティングレーも同時にフルモデルチェンジしています。

スティングレーは、よりスタイリッシュなデザインになっています。

エンジンは、NA(ノンターボ)とターボの設定があります。
(ターボは、FTリミテッドです)

駆動方式もFFと4WDの設定があります。

グレード
・FA
・FX
・FXリミテッド
・FTリミテッド

CVT車はFXリミテッド(一部)とFTリミテッドです。

2012年で製造が終わっており、その後のワゴンRは MH34S となっています。

スズキ ワゴンR(MH34S)↓

パッと見、そんなに外装の変化はありませんが、

ライトやバンパーの開口部は違います。

 

性能や技術はかなり向上しています。

MH34Sは、エネチャージという

ガソリンに頼らず発電し、電力を供給する新しいシステムを搭載しています。

減速エネルギーを利用して、発電しています。

そのため、燃費がかなりアップしています。

2WD・CVT車の燃費消費率は

30.0Km/L (JC08モード) です。

 

MH23Sと比べてもすごく良くなっています。

私の乗っている、MH23Sの燃費はこちら

 

スズキのワゴンRは、OEM車があり

マツダ AZワゴンという名でマツダが販売しています。

詳しくはこちら→ワゴンRとAZワゴンの違い

 

 

スポンサード リンク

コメントを残す