スズキ ワゴンRのテールランプの交換方法!!外し方編!!

<スズキ・ワゴンRのテールランプの交換方法>
 

車には、消耗品パーツがあり、電球は球切れが起こります。

テールランプの電球は切れることがあり、自分で交換する方も多いかもしれません。

ここでは、ワゴンRのテールランプ交換の際に必要になる、テールランプの外し方を解説します。
 

ワゴンRのテールランプの外し方

クルマのテールランプ内のバルブ(電球)を交換するためには、テールランプを外す必要があります。
 

テールランプを交換するには、まずリアゲートを開けます。

IMG_0731

今回、交換するのは、左側(助手席側)のテールランプを外していきます。

※基本的に、運転席、助手席も同じ方法です。

 

テールランプを外すには、2箇所ネジを緩める必要がありますので、工具が必要になります。

下の画像の青丸部分のネジです。

IMG_0731

 

緩めるのはプラスのドライバーでも可能ですが、錆びてたり、固かったりすると、なめてしまう可能性がありますので、ソケットレンチなどを使ったほうが良いです。

ネジのサイズは10mmです。

 

ちなみに私は、このようなものを使っています。

IMG_0733

ベッセルLet’s Vector ベクトルナットドライバー H7×125mmNo.B-290NT H7x125

ドライバーぽいですが、先端は10mmのソケットになっています。

早く回せるので便利です。

ネジが固い場合は、ラチェット+ソケットで緩めたほうが良いです。

 

ネジを2箇所外し、テールを後方へ引くようにして外します。

電球の配線がついているので、勢いよく引っ張らないように注意してください。

 

テールランプは、ネジ以外には白いツメが2箇所、刺さるようになっています。

IMG_0741

ツメの部分は固めなので注意してください。
 

ツメのささる位置はこちらの青丸の部分です。

IMG_0742

 

ツメの位置を頭に入れておくと外しやすいです。

外れない場合は、少しこじる感じでもいいですが、傷や破損には注意してください。

 

電球のコードはついたままになりますので、引っ張り過ぎには注意してください。

 

電球の交換は、この状態でソケットを外して、テールランプの交換作業を行うことができます。

 
ワゴンRのテールランプの交換動画はこちら↓

バルブ(電球)交換方法の動画もあります。
 

バルブ交換方法の詳細はこちら↓
テールのバルブ交換方法

 
テールランプの取付に関しては、逆の手順で行います。

 
ワゴンR(MH23S)のライト、バルブ交換作業関連はこちら

 

スポンサード リンク

コメントを残す