ワゴンRのオイルが減るトラブルが発生!

ワゴンRのオイルが減るトラブルについて。

IMG_3886

これはワゴンRに関したことではありませんが、
通常エンジン内のオイルが極端に減ることはないのですが、
エンジンの状態によってはオイルが減ることがあります。

いくつかの原因が考えられるのですが、
まず、オイル漏れがあります。

エンジンルームを目で見てオイルがもれているのが分かったり、
雨の日にクルマの下がオイルで虹色になっている場合は、
オイル漏れが起きています。

それ以外に、
漏れている個所はないが、オイルが減るということがあります。

その場合は、
「オイル上がり」と「オイル下がり」が考えられます。

「オイル上がり」と「オイル下がり」

本来は、エンジンの燃焼室にオイルは入らないのですが、
パーツの消耗や劣化により燃焼室にオイルが入り、
一緒に燃えてしまうため、オイルが減る現象があります。

この現象が「オイル上がり」「オイル下がり」です。

オイル上がり

「オイル上がり」は、
オイルが「下から上へ」上がってしまう現象。

チェックは、エンジン回転数を高くして、
その時に煙が出ればオイル上がりの症状が発生してる可能性が高いです。

オイル下がり

「オイル下がり」
オイルが「上から下へ」下がってしまう現象。

チェックは
アイドリング時にマフラーから「青白い煙」が出ていることで判断できます。

オイル下がりは一般的に、徐々に進行しますので、
古い車や走行キロ数の多い車に発生するケースが多くなります。

私のクルマの場合は「オイル下がり」です。

3000キロぐらい走行すると
オイルゲージの下の部分まで減っています。

IMG_3892

距離数も20万キロを超えていますので仕方がないです。

走行距離が多くなると、
どうしてもエンジンが消耗してきます。

特にエンジンオイルなどを交換していないと、
より劣化が進みますので注意してください。

走行距離の多い車は、
たまにはエンジンオイルをチェックしてみてください。

ちなみに、「オイル上がり」「オイル下がり」は修理するには
けっこうな金額がかかります。

特に「オイル上がり」はエンジンのオーバーホールが必要になるので
高額になり、場合によっては買い換えた方がいいかもしれません。

詳しくは修理工場でチェックしてもらった方が良いです。

オイル交換が自分で簡単に行えるオイルチェンジャー。ジャッキアップ不要

オイル交換メンテナンス関連

 
車のメンテナンスしていますか?

 
今回は、自宅ガレージなどで、
簡単にオイル交換を行うことができる方法です。
 

もしかしたら、
「自分の愛車は自分でオイル交換を行いたい」
思う方も多いかも知れません。
 

カー用品店などにオイル交換に行くと、
待ち時間が長かったり、金額もそれなりにかかります。

同じオイルでも、
ネットではかなり安かったりもするので、
オイル価格が高いと感じることもあるかも知れません。
 

カー用品店のオイル交換には、
・待ち時間、かかる時間が長い
・かかる金額・工賃
・オイル価格やオイルの選択肢が少ない
ということがあります。

 
カー用品店には置いていないメーカーのオイルを入れたい。

ネットで買ったオイルを
お店で持ち込み交換を断られた場合など・・・

 
このような問題を解消するのに、
自分でオイルを交換する方法があります!
 

自分でオイル交換する方法

でも、通常オイル交換作業をするには、
クルマをリフトなどで持ち上げたり、
車の下に潜り込んで作業しなければいけません。

リフトの自動車

一般的なのは、
リフトなどでクルマを持ち上げて、
車の下のオイルのドレインボルトを外してオイルを抜く方法。

この方法だと、
クルマを持ち上げて下に潜りこまなければいけないので
簡単に作業することはできません。

それなりの場所や環境、設備が必要で、
ハードルが高く感じてしまいます。

でも、
このような設備を使わずに、
オイル交換をすることも可能です。
 

その方法は、
「手動式のオイルチェンジャー」を使うやり方。
 

この方法ならクルマを持ち上げる必要はなく、
どこでも手軽にオイル交換が可能になります。
 

電源も不要なので、
交換する場所は関係ありません。

オイルチェンジャーを使ったオイル交換方法

ボンネットを開けて、
エンジンルームで作業を行います。

 
手動式のオイルチェンジャーは、
オイルレベルゲージ穴を利用して、 エンジンオイルを抜き取ります。
 

黄色の部分がレベルゲージです。

オイル交換

レベルゲージを引き抜き、
オイルチェンジャーのホースを差し込みオイルを抜きます。
 

上から抜くので、車を持ちあげたり、
下に潜り込む必要はありません。

 
エンジンルームからオイルを抜いて、
オイルを入れてレベルゲージで適量を確認するという
作業でオイル交換が行えます。
 

そのため、オイル交換作業のハードルが下がり、
DIY作業が好きな方なら、手軽に作業が行えます。

 
抜いたオイルは、廃油パックを使用すれば、
可燃ごみとして出せます。
 

オイルチェンジャーを使った感想&レビュー

・通常のオイル交換よりも格段に早く楽。

・こんな方法があったのは知りませんでした。便利です。

・完全にエンジン内のオイルは交換できないですが、十分です。

・これならいつでも出来そうですし、店頭より安く同じオイルがネットで購入できるので、オイル交換費用が安くすみそうです。

・今までジャッキアップして潜り込んでバケツや廃油箱で交換するのは大変でした。オイルまみれで作業していたのが嘘のように楽になりました。

 
自分でオイル交換をするのに役に立つ、
「手動式のオイルチェンジャー」 ↓

※オイルレベルゲージ穴径が5.7mm以下の車種には使用できません。

クルマ以外に農機具などにも使用可能。
 
このような商品を使用すれば、
自分でのオイル交換も手軽に行うことが可能です。
 

いかがでしたか?
今回は、「オイルチェンジャー」でのオイル交換でした。
DIY作業時の参考になればと思います。

ワゴンRに格安のオイルを入れてみた。変化や違いは?

今回のオイル交換では、
ワゴンRに格安のオイルを入れてみた。

最近は、「モービル1」のオイルを使用していたが、
たまたま安いオイルがあったので、
実験も兼ねて入れてた。

今回はそのオイルの感想。

入れたオイルは、
10W-30の鉱物油。

商品名は書かないでおきますが、
格安約1200円(4L)のオイルです。

明らかにグレードダウンすることは分かっていたのですが、
どんな違いがあるのだろう?
と思い挑戦。

以前は、
化学合成油 5W-30

今回は、
鉱物油 10W-30

さて、どのような違いがあるのだろう・・・?

今回のオイル(鉱物油)を入れて
約4000キロほど走行した。

 

まず感じたのは、
エンジン音が大きくなったこと。

ただ、気にしなけらば分からないレベル。

私のクルマは、距離を走っているため、
音が分かりやすいので気づいたが、
気にしないと分からない。

アクセルを踏み込んだ際の音が大きくなった程度で、
アイドリングなどは変化がない。

元のオイルに戻した時は、
静かに感じたので、音の変化はあると思う。

 

フィールングが違うこと

入れた当初は、
前より少し滑らかな感じがないなという程度だったが、
そんなに違いはない。

ただ、アクセルを軽く踏んでいる状態から、
さらに加速する時は、フィーリングが以前と変わったり、
スムーズ感がない感じがする。

元のオイルに戻したら、
フィーリングが良くなった。

(ただし、距離を走った後なので当然かもしれない)

しかし、
オイルでフィーリングが変わるのは事実。

 

燃費に関して

4000キロほどは走ったが、
メータ内の平均燃費は16.7キロから変化なし。

目立った燃費の悪化はない。

厳密に測れば違いは出るかもしれないが、
燃費の変化は見られていない。

 

オイル消費

オイルは減ることがあります。
交換せずに距離を乗ればオイルの量は少なくなってきます。

また、距離を走っているエンジンは、
オイル消費が大きくなる傾向にあります。

今回は、特に違いを感じませんでした。

(オイルレベルゲージでの確認なので違いは分かりにくいです)

 

今回、安い鉱物油を使用してみて感じたのは
このような感じだった。

オイルはエンジンとの相性もあるし、
オイル粘度や時期(気温)などによっても変わる。

ただ、いいオイル(グレードの高いオイル、高性能オイル)と
比較すると違いはある。

クルマをよりいい状態で長く乗ろうと思うのであれば、
いいオイルを入れた方がいいだろう。

ドライバーの感覚にもよるので、クルマに興味がなければ、
オイルの違いは分からないかもしれない。

車は走ればいいというような方だと、
ほぼ違いは分からないと思う。

 

今回でオイルでクルマに変化がある事が分かったので、
より長くいい状態で乗ろうと思うのであれば、
いいオイルを入れた方がいいだろう。

100%化学合成油がいいが、価格が高いので、
手頃な部分合成油がいいのではないだろうか?

<P.S>
今回オイル粘度が高めのもの(10W-30)をいれたが、
クルマにあったモノを入れてください。

ワゴンRのNAなら
5W-30あたりがいいと思う。