ワゴンRのキーレス付きのカギケースを破損した場合の安い修理方法!

質問
純正のカギがボロボロになってきた場合、
安く新しくしたい場合はどうしたらいいの?

 
こちらの質問に答えていきます。
 

ワゴンRのMH23S型は発売して、
時間が経っています。

ワゴンR MH23S
(2008年 – 2012年)
 

年数が経てば、
普段持ち歩く鍵もボロボロになったり、
キズがついたり、ケースが割れたりすることもあります。
 

もしかしたら、
テープで巻いて応急処置しながら、
使用している方もいるかもしれません。
 

今回は、
キーレスのカギを新品のように修理する方法です。

まず、カギを交換したくても、
キーレスが付いているので交換できないとか、
面倒だと思いがちですが、意外と手軽に交換できます。

 
こちらのパーツを使用すれば、
カギを新品のように復活させることができます。

純正キー互換のブランクキーです。
(純正と同じ形状のカギ)

この鍵で合鍵を作製します。

<手順1>
合鍵専門店へマスターキーとブランクキーを持込み、合鍵作成を依頼(800円~)

<手順2>
精密ドライバー等で、純正キーからキーレストランスミッター(送信機)を取り出します。

<手順3>
作成したキーに同じ手順でキーレストランスミッターを組み込めば、合鍵の完成です。
 

キーレスの交換は、
電池交換+αの作業になります。
電池交換の作業

<対応車種>
ワゴンR
MH21S・MH22S・MH23S・MH34S対応ですが、
手持ちのカギと同じ形状か確認してください。
 

純正のカギを作り直すより、
はるかに安く仕上がりますので、
このようなパーツを利用するのもいいです。

スズキ車対応 ブランクキー1ボタン Aタイプ純正キー互換 キーレス内臓型 純正キー破損時に!
 

いかがでしたか?
今回は「キーレス付きのカギケースの修理方法」でした。
参考になればと思います。