【悲報】オイル交換時にキャップを閉め忘れたらこうなった・・・

クルマのエンジンには、オイルが入っています。

エンジンルームには、オイルを入れる入口があり、そこにはキャップがついています。

 
「オイル交換時に、オイルキャップを閉め忘れるとどうなるのでしょう?」
 

オイルのキャップを閉め忘れると、オイルは、火山のように噴火する?

 
そんな実験をするつもりはなかったのですが、、、

その悲劇は、走行中に、突然やってきました!!

 
クルマを運転していると、車内がオイルくさいような気がする・・・

 
気のせいかと思ったが、やはりにおいがする。
 

一旦、クルマを止めて、外に出てみると、
 

そこには驚きの光景が・・・

ワゴンRにオイルが付着

 
一瞬、なんじゃこりゃ~!!
 

何が起きたのか?、頭が混乱しましたが、冷静になり、理由が判明!!

 
オイル交換時に、キャップを閉め忘れていたのです。
 

その結果、クルマのエンジンルームが大変なことに!!
 

キャップを閉め忘れると、このようになります・・・

詳しくは、こちらの動画で↓

今回、不覚にも、オイル交換時にキャップを閉め忘れ、そのまま走行してしまいました。

 
キャップを閉め忘れると、このようになってしまうので、オイル交換を自分で行う場合は、キャップの閉め忘れに気をつけてください。

 
最後にオイルキャップが閉まっているかを、もう一度確認してください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です