ワゴンRのエンジンからウネウネ音が!!異音トラブル発生!?

ワゴンR(MH23S)にトラブルが発生

 
今回、ワゴンRにトラブルがあったので書いておきます。

[deco_bg image=”paper1″ width=”400″]・クルマのデータ

スズキ ワゴンR

型式:MH23S (NA)

年式:平成20年式

走行距離:95000キロ[/deco_bg]

 

ある日、エンジン音がおかしいことに気づきました。

アレッ!?
アイドリング中のエンジン音がおかしい。

何か今までと違う感じがしました。
 

気のせいかも?
と思い少し様子を見てみることにしました。

しかし、
2、3日たっても状況が変わりません。

 

症状は、エンジン音が変なんです!!

エンジン音が、ウネウネしているんです。

 

このようなエンジン音を聞くのは初めてでした。
 (今思うと、音を録音しておけば良かったです。)

エンジンオイル、クーラントなどの量もチェックしましたが、
特に問題ありませんでした。

エンジン音以外は、
気になる部分はなく普通に乗れています。
 

高速走行をしても、
特に問題を感じませんでした。

高回転になると、エンジン音もうるさくなるので、
逆に、ウネウネ音はあまり気にならなくなります。

 

アイドリング時は、
エンジン音がうるさくて、車に関心をない人を乗せた時も、

「エンジン音おかしくない?」

と指摘されるぐらいおかしい音です。

 

結局そのまま、1ヶ月ほど乗っていました。

特に症状は良くなることもなく、
クルマが走らなくなってしまうこともありませんでした。

 

エンジンが壊れたらと不安だったので、
クルマ屋さんへ修理に出すことに。

調べてもらうと、
原因は、オルタネータでした。

 

オルタネーターとは、
エンジンによって駆動されることで生じる回転力を電気エネルギーに変換する発電装置。
 

オルタネータを回す事で電気が発生し、その電力をクルマの様々な部分に活用し、
バッテリの充電も行います。

 
オルタネーターの位置はここです。

エンジンルーム画像 ↓

IMG_1070

 

青丸部分の下側にオルタネーターがあります。

パッと見ただけでは分からなく、
覗き込まないとオルタネーターは見えません。

 
<オルタネーターの費用>

オルタネーターの金額は、
リビルトで2万ぐらい+工賃です。

 ※リビルトは、中古の再生品です。
  新品はもう少しかかります。3万ぐらいかも。

 
ただ、この工賃が結構かかるみたいで、
3万近いかもとのことです。

※工賃はお店によって差があるかもしれません。

オルタネーター;工賃で、
トータルで5万ぐらいはかかりそうです。

オルタネーターのトラブルは、
結構、費用かかりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です