オイル交換が自分で簡単に行えるオイルチェンジャー。ジャッキアップ不要

車のメンテナンスしていますか?

 
今回は、自宅ガレージなどで、簡単にオイル交換を行うことができる方法です。

オイル交換メンテナンス関連

エンジンルーム

「愛車のオイルは、自分で交換を行いたい」と思う方も多いかも知れません。

カー用品店などにオイル交換に行くと、待ち時間が長かったり、金額もそれなりにかかります。

同じオイルでも、ネットではかなり安かったりもするので、オイル価格が高いと感じることもあるかも知れません。
 

カー用品店のオイル交換には、

  • 待ち時間、かかる時間が長い
  • 工賃がかかる
  • オイル価格やオイルの選択肢が少ない

ということがあります。

 
カー用品店には置いていないメーカーのオイルを入れたい。

ネットで買ったオイルをお店で持ち込み交換を断られた場合など・・・

 
このような問題を解消するのに、自分でオイルを交換する方法があります!

自分でオイル交換する方法

通常オイル交換作業をするには、クルマをリフトなどで持ち上げたり、車の下に潜り込んで作業しなければいけません。

リフトの自動車

一般的なのは、リフトなどでクルマを持ち上げて、車の下のオイルのドレインボルトを外してオイルを抜く方法。

この方法だと、クルマを持ち上げて下に潜りこまなければいけないので簡単に作業することはできません。

それなりの場所や環境、設備が必要で、ハードルが高く感じてしまいます。

でも、このような設備を使わずに、オイル交換をすることができる方法があります。
 

その方法は、「手動式のオイルチェンジャー」を使うやり方。
 

この方法ならクルマを持ち上げる必要はなく、どこでも手軽にオイル交換が可能になります。
 

電源も不要なので、交換する場所は関係ありません。

オイルチェンジャーを使ったオイル交換方法

ボンネットを開けて、エンジンルームで作業を行います。

 
手動式のオイルチェンジャーは、 オイルレベルゲージ穴を利用して、 エンジンオイルを抜き取ります。
 

エンジンルームの黄色の部分がレベルゲージです。

オイル交換

レベルゲージを引き抜き、オイルチェンジャーのホースを差し込みオイルを抜きます。
 

上から抜くので、車を持ちあげたり、下に潜り込む必要はありません。

 
エンジンルームからオイルを抜いて、オイルを入れてレベルゲージで適量を確認するという作業でオイル交換が行えます。
 

そのため、オイル交換作業のハードルが下がり、DIY作業が好きな方なら、手軽に作業が行えます。

 
抜いたオイルは、廃油パックを使用すれば、可燃ごみとして出せます。

オイルチェンジャーを使った感想&レビュー

・通常のオイル交換よりも格段に早く楽。

・こんな方法があったのは知りませんでした。便利です。

・完全にエンジン内のオイルは交換できないですが、十分です。

・これならいつでも出来そうですし、店頭より安く同じオイルがネットで購入できるので、オイル交換費用が安くすみそうです。

・今までジャッキアップして潜り込んでバケツや廃油箱で交換するのは大変でした。オイルまみれで作業していたのが嘘のように楽になりました。

 
自分でオイル交換をするのに役に立つ、「手動式のオイルチェンジャー」 ↓

※オイルレベルゲージ穴径が5.7mm以下の車種には使用できません。

クルマ以外に農機具などにも使用可能。
 
このような商品を使用すれば、自分でのオイル交換も手軽に行うことが可能です。
 
⇒ オイルチェンジャー
 
いかがでしたか?
今回は、「オイルチェンジャー」でのオイル交換でした。
DIY作業時の参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です