ワゴンR【MH23S】のバッテリーサイズは?交換方法は?

スズキ ワゴンR【MH23S】のバッテリー交換

今回は、バッテリーの交換方法です。

バッテリー

あなたは、バッテリー交換を自分で行いますか?
 
バッテリーは、消耗品で寿命があり、車の消耗品パーツの中でも重要な部分と言えます。

バッテリーがダメだと、車のエンジンをかけることができないので、とても重要なパーツ。

ここでは、ワゴンR MH23Sのバッテリーについて書いていきます。

バッテリーの寿命は?

ガソリンスタンドなどでは、バッテリー点検を行っていて、バッテリートラブルの前に早めの交換を勧められることもあります。
 
「実際、バッテリーはどれくらい持つのでしょう?」
 
バッテリーの寿命は、使用条件、クルマの乗り方に左右されます。

基本的には、2~3年ほどが交換の目安です。
 
長期間、車に乗らない場合は、バッテリーの自己放電がありますし、冬場などの寒い時期の始動はバッテリーにとって負荷が大きいです。
 
私は、エンジンのかかり(セルの回り)が悪くなってきたら、バッテリーの交換を検討しています。
 
最近のバッテリーには、寿命判定ができるものもあります。

目で見てバッテリー状態が判断できるパーツがついている商品もあります。

整備工場などでは、バッテリーチェックを簡単に行えますので、不安な方はチェックしてもらうと良いです。
 
バッテリー寿命は、クルマに頻繁に乗る方で、だいたい、3~5年ぐらいが交換の目安になります。

 
バッテリーには、保証期間のついている商品があります。
 
メーカーや商品により保証期間が違います。

  • 3年または、6万キロ
  • 2年または、4万キロ

 
保証期間の長いほうが、金額も高いです。

価格の高い方が、容量も大きい傾向にあります。

バッテリー

バッテリーは、寿命以外に、ヘッドライトの消し忘れなどの不注意や、クルマの電気系のパーツの故障でバッテリーが上がってしまうこともあります。
 
ヘッドライト、ルームランプ消し忘れによるバッテリー上がりには十分注意してください。

 
また、バッテリー上がりが起こりやすい季節は、主に気温が下がる冬になります。

バッテリー負荷が大きくなるのは、「ちょい乗り」。

近距離の走行・停止・エンジン始動を繰り返すことで、バッテリーに負荷をかけやすいでます。

ワゴンRのバッテリー選びは?

ワゴンRのバッテリー

ワゴンRのバッテリー形状

標準仕様バッテリーサイズ :38B20L

バッテリーの大きさ:200 x 129 x 203 mm

※バッテリーは、年式、型式で異なりますので現車を確認してください。
 
ここで困ることがあります。
 

38B20Lのサイズのバッテリーはあまり売っていません。

カー用品店、ホームセンターにも少ないです。

一方、よく見かけるのは、40B19Lというサイズです。
 

結論から言いますと、40B19Lというサイズで問題ありません。

 
私が使っているバッテリーは、 55B19L です。

サイズ 横幅190mm×奥行129mm×高さ203mm

 
38B20Lの、38という数字は、容量です。

40、42などがあり、数字が大きいほど容量が大きくなります。

基本、純正よりも小さいものは避けた方が良いです。この場合は38以上のものを選びます。

 
上記のパナソニックカオスは60B19Lとかなり容量が大きいです。

 (純正は38ですが、カオスは60です。)
 
バッテリーの表記の最後に、アルファベットのLがありますが

一番重要なのは、38B20Lの「L」の部分です。

バッテリーには、LとRの2種類のバッテリー形状があります。
 

L、Rは、端子の+と-の位置を表します。

バッテリーのプラス側短側面から見た位置

  • +端子が左側にあるとき ⇒ Lタイプ
  • +端子が右側にあるとき ⇒ Rタイプ

 
ワゴンRのMH23Sは、Lになります。
 
38B20Rというバッテリーもありますが、こちらは装着することができません。
 (バッテリーの端子の位置が違います)

最後の「R」と「L」は重要ですので、必ず確認してください。

バッテリーの大きさの比較(B20とB19のサイズ)

(B20L)
・サイズ 横幅200mm×奥行129mm×高さ203mm

(B19L)
・サイズ 横幅190mm×奥行129mm×高さ203mm

違いは、横幅が10mm B19Lの方が小さいです。

 
片側5mmあたりの差で、取り付けの際には特に問題ありませんでした。

バッテリーの交換方法は?

バッテリー交換

バッテリーは、車のボンネットの中のエンジンルームに搭載されています。
 

バッテリーは電装パーツなので、取付の際には十分注意してください。
 

今回、バッテリー交換で使用する工具はこちらです

  • 8ミリレンチ
  • 10ミリレンチ

 
バッテリー交換の専用のレンチもあります。

エーモン ショート防止2wayレンチ 122mm×7mm 1684

エーモン ショート防止2wayレンチ 122mm×7mm 1684

420円(09/18 22:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

他には、ラチェットレンチなどがあると、もっと作業効率が良いと思います。

ほかには、動画の中では使用していませんでしたが、手袋を着用してください。

バッテリー交換(外す方法)

 
バッテリー交換手順です(外し方)

  • ステーを外します
  • マイナス端子を外します
  • プラス端子を外します
  • バッテリーを取り出します

この手順でバッテリーが外せます。
 
端子を外す順番は間違えないようにしてください。

外す際に、工具と車両の金属部分が触れた際にショートする可能性もあります。

安全のために、ゴム手袋などをしたほうが良いです。

 

★バッテリー交換 外し方編の動画↓

バッテリー交換(取り付け方法)

 
取り付けは逆の手順です。

バッテリーを戻します

プラス端子から取り付けます

マイナス端子を取り付けます

ステーをつけるのが、慣れないと大変かもしれません。

外した際にステーの付く位置を確認しておくと良いです。

ステーを落とさないように気をつけてください♪
 

★バッテリー交換 取り付け編の動画↓

 
バッテリー交換後は、電装系のパーツがリセットされますので設定してください。
 

バッテリー交換後は、時計、オーディオ設定、メーター内の燃費情報などはリセットされますので、もう一度設定しましょう。
 
⇒ 純正デッキの時計合わせの方法 

⇒ 純正デッキの音質の調整方法

 

ワゴンRのバッテリー価格

バッテリー価格は、ネットでの購入が安いケースが多いです。

バッテリーには、いろいろなタイプがありますので、あなたの用途に合った商品を選ぶとよいです。
(価格と性能などを考慮して選んでください)

ネットで購入した場合のバッテリーの処分方法は?

 
バッテリーは、さすがに、燃えないゴミなどで出すことはできません!!

 
最近では、引取り料込みで販売しているショップもあり、送られてきた伝票を貼って交換後のバッテリーを送ります。
 

交換後のバッテリーは、無料で引き取ってもらえるケースがあります。

バッテリーを購入したお店やホームセンター、カー用品店などで引き取ってもらえます。

無料のところも多いと思いますが、お店次第。

有料だとしても、500円程度だと思います。(お店によって違います)
 

他には、地方自治体等で回収業者もあると思いますので、調べてみてください。
 
いかがでしたか?
今回は「バッテリー交換」を行ってみました。
DIY作業時の参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です