ワゴンRのエンジンオイルは?粘度は?グレードは?

ワゴンRのメンテナンス関連

 

オイルの授業です。

オイルの粘度、ワゴンRのオイルは?

 

オイル MH23S

 

ワゴンRに限らず、

クルマにはオイル交換が必要です。

 

エンジンオイル は、エンジンに使用するための油のことです。

 

エンジンオイルが、劣化すると粘度が低下し、

保護性能が失われ、エンジンの故障につながります。
定期的なオイルの交換が必要です。

 

 

[deco_bg image=”paper4″ width=””]

オイルの役割はいくつかあります。主な役割です。

潤滑

摩擦を軽減

 

冷却

エンジンで発生した熱を奪うことでエンジンを冷却

 

洗浄

エンジン内に発生した汚れを取り除いて、

取り除いた汚れを自らの中に取り込んで

特定の箇所に溜まらないように分散させる。

 

気密保持

  エンジンオイルは、ピストンなどの表面に液体の油膜を形成します。

 

防錆 

錆や腐食の発生を予防する

 

[/deco_bg]

 

このように、オイルの役割がいくつかあり、

エンジンとは切り離せないオイルです。

 

 

あなたのクルマは、オイル交換していますか?

 

 

オイルは、定期的な交換が必要です。

 

一般的な交換時期は、1年 1万キロがありますが、

エンジンの種類(ターボ、NA)でも異なります。

 

ターボ車の方が、交換サイクルは早く

オイルの種類も違います。

 

 

カー用品店などでのおすすめは、

3000~5000キロでの交換です。

 

次回の交換距離もこのあたりで設定されると思います。

 

私も、3000~5000キロの間で交換するようにしています。

 

 

 

クルマには、オイル以外にもオイルフィルターがあります。

 

オイルフィルターは、スラッジや摩耗粉、

ゴミなどを取り除くフィルターのことです。

 

オイルエレメントとも言います。

 

 

オイルエレメント(オイルフィルター)↓

オイルフィオルター

 

このような形をしたパーツで、

エンジンについており、このフィルターが、

エンジンオイルの汚れをとってくれます。

 

オイルフィルターは、ダストを取る性能(ろ過効率)が最も必要です。

 

当然フィルターも使うほど汚れますので、交換が必要です。

 

 

一般的な交換タイミングは、

エンジンオイル交換2回に1回です。

 

クルマによりますが、金額は1000~2000円程度です。

 

 

オイルには、種類があります。オイルメーカーもたくさんあります。

基本的にはメーカー推奨のAPI、粘度に従って交換します。

 

 

API規格は、石油に関する規格の総称のことです。

簡単に言うと、グレードです。SL、SM、SNなどの記載の部分です。

 

 

オイルの粘度は、

オイルの粘っこさの度合いを表す尺度で動粘度のことです。

 

 

このように表されます→5W-30

 

Wの前の文字5Wが低温粘度、Wの後ろの30は高温粘度です。

前のwは低い数字になるほど低温時の始動性が向上します。

 

 

一般的な目安

・5w : -35℃程度まで

・10w : -25℃程度まで

 

 

[deco_bg image=”paper4″ width=””]

参考までにワゴンR【MH23S】のオイルです

NA車

・SLまたはSM  粘度 5W-30

・SLまたはSM  粘度 10W-30

 

ターボ車

・SLまたはSM  粘度 5W-30

・SLまたはSM  粘度 10W-30

[/deco_bg]

 

現在は、SMの上の、

SNというグレードが最上級になっています。(2010年~)

 

MH23S発売時は、SMグレードが最上級でした。

基本的には、ワゴンRに、SNグレードのオイルを入れても問題ありません。

 

 

私のワゴンRは、NA車でSMの5W-30を入れています。

 

いつもこのオイルを入れていますが、

前回、SM 10W-30のオイルを入れました。

 

特に変化はわかりませんし、今のところ燃費なども変化していません。

NA車の場合は、5W-30が良いと思います。

※現在の最新のMH34Sは、0W-20だと思いますので注意してください。

 

 

オイルの価格は、ピンキリです。

 

粘度も重要ですが、ベースオイルの基本性能が重要です。

鉱物油(ミネラル)/部分合成油/化学合成油などがあり、ベースオイルで金額も変わります。

一部のメーカーで、植物油ベースのオイルも販売しています。

 

 

スポーツカーなどは、化学合成油、エステル系などを使用するパーターンが多いです。

性能は高く、もちろん金額も高いです(高級オイルです) オイルの寿命は短めです。

 

 

私が、交換しているオイルは

部分合成油のSMの粘土が5W-30のオイルです。

 

 

このオイルはチタン配合で摩擦抵抗が少ないと言われるオイルです。

鉱物油よりは、金額は高めです。

 

財布に優しくないので、

最近では、普通の鉱物油の安いオイルにしています。

 

[icon image=”arrow4s-g-r”]  現在のワゴンRの燃費情報はこちら

 

クルマの定期的なメンテナンスも必要です

愛車を、いい状態で長く乗りたいですね♪

 

さらに、オイルの情報を知りたい方はこちら

[icon image=”arrow4s-g-r”] オイルの豆知識

 

※オイル交換を自分で行う際は、

作業時は、注意して下さい。

 

特にオイルキャップの閉め忘れに。

閉め忘れると、このようになってしまいますので・・・

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

どうぞ他の記事もお読みください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です