ヒューズの色は決まっている?種類は?

車のヒューズの授業です。

ヒューズは、電装品などが、ショートした場合、許容値以上の電流が流れると、ヒューズが溶けて回路の電流をカットする役割があります。

車に使われるヒューズは、いろいろな種類があります。

ヒューズの形状

 
ヒューズの形状は、さまざまなタイプがあります。

  • ブレード型
  • 管型
  • ミニヒューズ
  • 低背型
  • 大電流ヒューズなど

 
ワゴンRの車内で使われているヒューズは、低背型ヒューズです。
 
低背型ヒューズは、このようなタイプです

低背と書いて、「ていはい」と読みます。

高さがかなり小型化されています。
(高さ、約9ミリです)
 
昔に比べると、ヒューズはかなり小型化し、コンパクトになっています。

 
ワゴンRのヒューズの位置はこちらの記事。
ワゴンR(MH23S) AZワゴン(MJ23S)のヒューズの位置

ヒューズの色は?

ヒューズに関しては、さまざまな色があります。

ヒューズの色

「さて、その色は決まっているのでしょうか? 」
 

車のヒューズの色は決められています。
 

ワゴンRで多く使われているのは、10Aの赤色のヒューズです。
 
他には、15Aの青色、20Aの黄色などがあります。
 

主なヒューズの色です

  • 5A:黄褐色
  • 7.5A:茶色
  • 10A:赤
  • 15A:青
  • 20A:黄
  • 25A:無色
  • 30A:緑

 
カラーによって、ヒューズの種類が分かれています。

交換する時は、同じアンペア数のヒューズを使用します。

ヒューズの外し方

クルマを保護するのに、とても重要なパーツのヒューズ。
 
ヒューズが切れると、電流が流れなくなります。

また、ヒューズの切れ方を見ると、定格オーバーで切れたのか、ショートで切れたのかが分かります。

ヒューズの溶断部の溶け方が違います。

 
ちなみに、ヒューズはショートの場合は一瞬で切れますが、定格オーバーの場合は、定格電流の何%超えかにより、時間が違います。

(例)定格の110%の電流の場合は、100時間以内など

 
DIY作業をしていると、作業ミスなどでヒューズを飛ばしてしまうことがあるので注意してください。

低背ヒューズは、つまみにくくて、取り外し難いので慎重に作業してください。
 
ヒューズの取り外し方はこちら


 
ヒューズの授業はここまでです。

では、また次回!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です