軽自動車の走行距離20万キロを超えました。故障やトラブルは?ワゴンRの体験談

ワゴンRの走行距離について

 

軽自動車は、
いったい何万キロぐらいまで乗れるのでしょうか?

 

最近のクルマは、技術が向上しており、
壊れにくくなっています。

しかし、、、
年数が経ってたり、距離が増えてくると、
壊れるのでは・・・と不安になることはありませんか?

 

このサイトでは、軽自動車が
「いったいどれくらいの走行距離まで乗れるのか?」
検証しています。

 

まず最初に、現在の走行距離です。

img_3708

走行距離は20万キロを超えました。

 

クルマは、このブログでもおなじみの軽自動車、
ワゴンRのMH23S型です。

(正確にはAZワゴン MJ23Sです。)

SONY DSC
 
▼車両スペック

ワゴンR MH23S
・年式:平成20年
・エンジン:NA
・駆動方式:FF

 

▼ 平均燃費は、16.6キロ

燃費

高速を走ることも多く、
必然的に走行距離も伸びていますが、
普段の足として、街中の走行が中心です。

 

修理、メンテナンス関連

 
これまでに壊れたところや、修理した箇所、
メンテナンスパーツの交換の情報を公開します。

交換の目安の参考になればと思います。

(車検は、3回受けています)

 

オルタネーターの故障

 
  オルタネーター 1度交換

オルタネーターは、クルマの電気を発電する部品です。
(発電機)

オルタネーターの故障があり、1回交換しました。

▼ オルタネーターの故障についてはこちら
⇒ ワゴンRのエンジンからウネウネ音が・・・異音!?

 

セルモーターの故障

 
  セルモーター交換

セルモーターは、
エンジンを始動するためのモーターです。

スターターと呼ぶこともあります。

 
セルモーターが回らないとエンジンがかかりません。
(エンジンのかかりがおかしくなり交換しました)

セルモーターは、
通常であれば走行距離15万km程で寿命となることが多いです。

エンジンをかける機会が多い方、
ちょい乗りで頻繁にエンジン始動する方は、
寿命は早くなります。
 

新品とリビルド品がありますので、
金額を抑えたい方は、リビルド品の選択も可能ですが、
距離を乗ろうと思う場合は、新品がよいです。

※リビルド品は、
 中古部品を取り出し、新品同様に再生されたものです。

 

ドアミラーの故障

 
  左ミラー故障

左側のミラーが自動でたたまなくなりました。

ワゴンRでは、この故障は多いようです。
 

詳しい内容は、こちら ↓

▼ ミラーが故障して異音が発生
⇒ ワゴンRのドアミラーから異音が・・・

 

オイル交換関連

 
  オイル交換は、3000~5000キロを目安に交換。

ワゴンRには、
5W-30のオイルを入れていました。

オイルは、指定粘度のオイルを入れる必要があります。

詳しくはこちらの記事 ↓
⇒ ワゴンRのエンジンオイルは?粘度は?グレードは?

 

  ATFオイルは、2回交換

(交換の金額は、1回 6500円ほど)

廃車まで、無交換で大丈夫という意見もあるATF。

ギアを円滑に変速したり、
エンジンの動力をタイヤに伝えるといった役割があります。
 

燃費、変速ショックなどを気にするなら、
定期的な交換をした方がいいです。

 

消耗品パーツ関連

 
  バッテリー 2回交換

エンジンを始動するのに使いますし、
車の電装関係を動かすのに必要な重要パーツです。

(バッテリーは消耗品です)

通常は、3〜5年での交換が必要です。

使用条件により、寿命は変わります。

詳しくはこちらの記事で ↓
⇒  バッテリーサイズは?交換方法は?

 

  タイヤ交換 2回交換

冬場はスタッドレスを装着していて、
スタッドレスタイヤも2回交換しています。

タイヤは消耗品なので、
スリップサインが出たら交換が必要です。

スリップサインが出た状態では、
車検は通りません。

 

  ドライブシャフトのブーツ交換

ドライブシャフトの可動部にはグリスが塗ってあり、
可動部の保護のためにドライブシャフトブーツがついています。
(ゴム製品で、こちらは消耗品です)

ドライブシャフトのブーツが破れていると車検は通りません。

距離を乗ると、
交換の必要性がでてくるパーツです。

金額の目安:15000円(片側)

 

  車検時に、ベルト関連は交換。

ベルトはゴム製品のため消耗品です。

ヒビや劣化がある場合は交換します。
(ファンベルト、エアコンベルトなど)

車検時には、交換することが多いパーツです。

 

  ブレーキパッドは、2回交換。

ブレーキパッド以外にも、
ディスクローターの研磨もしています。

ブレーキパッドが磨耗した状態を放置しておくと、
ブレーキディスクが傷つきやすくなり、ディスク交換も必要になるケースがあります。

減ってきたら早めの交換がいいです。
 

ブレーキパッドが減ると、
キーと音が鳴るようになります。

 

  エアエレメント交換(エアフィルター)

エンジンに取り込む空気のゴミをキャッチするフィルターです。
(フィルターは、消耗品です。)

こちらも目詰まりが起こりますので、
定期的な交換が必要です。

詳しくはこちら
⇒ エアフィルターの交換方法

 

 

  ワイパーゴムは定期的に交換。

ゴムも劣化しますので、定期的な交換が必要です。

ワイパーは、フロント(2本)とリアがあります。

自分での交換も可能なパーツです。
 

詳しくはこちら
⇒ ワゴンR【MH23S】のリアワイパーゴム交換方法

 

  車検について

新車登録から初回の検査が3年間で、
以降は車齢にかかわらず2年ごとに車検を受ける必要があります。

ちなみに、ワゴンRの
前回の車検の費用は、9万円ほどでした。
 

詳しくはこちら
⇒ 軽自動車の車検の金額は?法定費用はいくら?

 

特に、現在まで目立った故障はありませんでした。

オルタネーターが壊れて、
エンジンがかからなくなったのが大きな故障です。

 

事故もなく、致命的な故障もないので、
ある程度メンテナンスを行っていけば、軽自動車でも、
距離は乗れそうです。

 

最後に

クルマは平成20年式で8年目です。

走行距離は20万キロを超えました。

現在も現役で走行中です。

img_3708

現在の軽自動車も壊れにくく、
しっかりメンテナンスをしていけば、年数、距離を乗ることができます。

 
ただし、消耗部品はありますので、
距離、年数により、メンテナンス費用は増えていきます。

 

<燃費に関して>

距離を乗れば悪くなって行くだろうと思っていましたが・・・
こちらはほとんど変化がありません。

(燃費は、安定して16キロ後半です)

 

最新の走行距離です。21万キロを超えました。
IMG_4202

 
車検が近づきましたので、
車検を通さず、違う車に乗り換えようと思います。

まだ乗れそうですが、
オイルも減るのが気になりました。

⇒ ワゴンRのオイルが減るトラブル

 
最終の走行距離です。(2017年7月)
IMG_4930

走行距離:217448km
平均燃費:16.7km/L

軽自動車でも20万キロ以上走ることは可能です。

 
いかがでしたか?
今回は、「ワゴンRの走行距離とトラブル」を紹介しました。
何かの参考になればと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す